2011年08月01日

【第002景】203系の特徴的な前面デザイン

DSC_1966.JPG
↑203系(常磐線各駅停車・千代田線直通)
【第002景】203系の特徴的な前面デザイン

(コメント)
203系の前面を観察する。
203系の特徴的な前面デザインは、他の国鉄型車両にはない独自のものである。

とはいえ、201系で左右非対称のデザインを採用したにもかかわらず、203系では左右対称に先祖帰りしているので、この特徴は「国鉄の車両デザインの進化」とは言えない部分もあるが、中央に配置した貫通扉は、合理的であり、国鉄らしいと思う。

上半部および裾部に傾斜が付いているのは、この路線での伝統文句「営団6000系を意識して・・・」なのだろうか。

腰部が一段張り出した形状で、行先表示器、運行番号表示器、JNRマークが窓縁とともに黒地で統一され、アクセントとなっている。

要するに「国鉄なりに精一杯デザインした」のがこの顔なのである。

(撮影=松戸電車区)


(お願い)
このページは、お小遣いで運営しております。
いつもいつもですが、宜しくお願いします。


編集元:pokeo


よろしければ、クリックをお願いいたします。

鉄道コム
posted by pokeo・綾瀬之助 at 19:27| Comment(0) | 203系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。